サーマクールでリフトアップ効果を体験|ハリのあるお肌へ回復

女性

ほくろ除去手術の種類

レディー

ほくろは肌であればどこにでも発生する可能性があります。そんなほくろにはいくつかの種類があります。ほくろのおもなタイプとしては、黒く濃い色をしたものと、薄い色があります。さらにそれらのほくろには盛り上がっているタイプと平坦なタイプに分かれます。これらのほくろが顔の目立つ箇所にあるという人は多いでしょう。ほくろのサイズや色によっては、コンプレックスに感じてしまい、ほくろ除去手術を希望する人も多いのです。ほくろ除去手術は美容皮膚科や、美容外科クリニックなどで受けることが出来ます。ほくろ除去手術の種類にはメスを使用して取り除く方法や、レーザーを用いた治療方法など複数あります。それぞれの特徴やメリットをしっかりと把握した上で選択していきましょう。

ほくろ除去手術の1つであるレーザー治療はさらに細かく種類が分かれます。代表的なものがQスイッチレーザーやロングパルスレーザーと呼ばれる治療です。この治療方法の最大の特徴は傷跡が残りづらいという点です。痛みを継続して感じることは無く、人によっては一瞬痛みを感じる程度です。この手術方法はしっかりとほくろ除去を行なうまでに複数回の治療を要するため、時間をかけて治療を行ないたい人が多く選択しています。そしてもう1つの方法としては炭酸ガスレーザーを使用したほくろ除去手術があります。これは炭酸ガスレーザーをピンポイントで照射することによって、ほくろのメラニン成分を蒸発させて削り取るという方法です。ダウンタイムは7日から10日程で皮膚が再生しほくろの無い肌が手に入ります。